STANDARD BOOKSTORE ABENO + 
Vol.9 「大本屋市」特別企画

2018年2月25日(日)11:00~18:00
ナナロク社特別出店
「詩心」をテーマに、
詩集、写真集、アートブックに、エッセイ、マンガと、
多ジャンルの書籍を、「本の造り」にもこだわって発行を続けるナナロク社が、2016年9月開催のあべのプラス第3回につづき、2回目のマーケット出店!
今回は代表の村井さんがご来店。
ナナロク

2008年に村井さんが立ち上げたナナロク社は、谷川俊太郎『あたしとあなた』、川島小鳥『明星』、若松英輔『悲しみの秘義』、藤岡拓太郎『夏がとまらない』など、当店でも人気のロングセラーを多数出版。
ナナロク社本①


それらの企画・編集・営業といった出版社の仕事や、紙や製本・印刷方法といった具体的な制作方法まで、「本」を世に送りだす、そのすべてに関わっている村井さんと直接お話していただける貴重な機会です。当日ブースには、谷川俊太郎、川島小鳥、森栄喜、齋藤陽道、岡野大嗣、木下龍也ほか、作家のサイン入り書籍も数量限定ですが並びます。どの本を買ってもついてくる、ナナロク社ならではの「ちょっとうれしい特典」も。
1人でも多くのお客様に出会ってほしい、私たち書店員が深い共感とともにお届けできる、1冊1冊丁寧に大切に作られた「本」とその発行人に、ぜひ会いにいらしてください。


ナナロク社
2008年設立の出版社です。東京・旗の台という町で、詩集、写真集、アートブックに、エッセイ、マンガと、ジャンルはそれぞれですが、どの本にも「詩心」がたっぷりとつまっております。本づくりとともに、現在開催中の展覧会「谷川俊太郎展」の企画など、詩人の谷川俊太郎さんとのお仕事も数多くしています。
「本屋さんでたまたま手にした一冊が、いつか、その人にとっての特別な一冊になる」。そんな世界が好きで、その世界がもっと豊かになるような、本を私たちも作りたいと日々を奮闘中です。本の造りにも工夫をこらしているので、どうぞ手にとって、ご覧ください。